【小田原市】見ごろ!「渓流の梅園・梅まつり」/小田原フラワーガーデン(~3月11日)

 早咲きから中咲き、そして遅咲きまで約200品種480本の梅が咲き誇る小田原フラワーガーデン(小田原市久野)では、人気の「渓流の梅園・梅まつり」を開いている。3月11日まで。月曜休園(梅園の散策のみ可)。

 渓流の梅園は、昭和42(1967)年、小田原市内で梅の土産物店を営む小峰三代次さんが、九州地方のウメを中心に全国から集めた華やかなウメの木250本を小田原城址公園と市民農園(現・小田原フラワーガーデン)に寄贈したのが始まり。

 同梅園では、原種に近く花や葉が小さい「野梅系」と紅梅の八重寒紅が見ごろとなり、寒さに負けず甘い香りを漂わせている。園内全体では、3分咲きとなっている。

 梅まつりのテーマは、白梅の萼(がく)に焦点をあてた「清楚な白梅~萼のことなり」。園内を巡ると、真っ青な寒空に温かみを感じる「赤萼」と暖かくなってから咲く爽やかな色合いの「緑萼」の違いから八重野梅、十郎など特徴のある梅を知ることができる。

 期間中、日本梅の会の大坪会長による梅園ガイドツアー(2月18日①10:30~11:30②13:30~14:30、定員:各先着30人、参加費:無料、雨天中止)、満開の梅に囲まれ、和を楽しむ「集まれ!きもの女子」(2月25日11:00~16:00、参加費:一式レンタル・着付け込み3,000円、先着30人、要予約)、地元の銘茶「足柄茶」を味わう「うまみ茶体験会」(3月3日11:00~14:30、定員70人、参加費500円)、本格的な抹茶が楽しめる「梅見茶会」(3月4日①11:00~12:00②13:00~14:30、各回先着30人、参加費500円)、プチ軽トラ市(2月17/24/3月3日10:00~15:00、無くなり次第終了、雨天中止)、小田原おでんカー来園(2月10/11/12日10:00~15:00、無くなり次第終了)など地域密着型のイベントもある。

 小田原フラワーガーデンのHPは、https://www.seibu-la.co.jp/odawarafg/

(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

小田原|参加・体験・見に行こう

  1.  小田原市観光協会(石田武会長)は、(一社)日本記念日協会が2月22日を《ニンニンニン》の語呂合わせ…
  2.  小田原市は脳血管疾患(脳卒中)の死亡率が、県内19市の中で2位と国や県と比較すると死亡率が高い状況…
  3.  小田原の早春の歳時記「小田原梅まつり」(2月3日~3月4日)を前に、梅の剪定作業が6日、早咲きの寒…
  4.  東海道・藤沢宿や江の島の浮世絵をはじめ関連資料を収蔵する藤沢市の藤澤浮世絵館による出張講座「刷って…
  5.  小田原市(加藤憲一市長)は来年1月4日から、「小田原市美しく住みよい環境づくり基本条例」に基づき、…
  6.  小田原市や秦野市、日光市など「二宮尊徳」にゆかりの深いまちを舞台に撮影される「地上の星-二宮金次郎…
  7.  小田原城では初めての試みとなる体感型イルミネーションイベント「小田原城 冬桜イルミネーション ~ …

注目の記事

  1.  3月定例会開会中の小田原市議会(加藤仁司議長)の代表質問は、2月28日3会派(志民の会、公明党、政…
  2.  城下町・小田原に発達した和菓子の伝統と風情を楽しむ「第63回菓子まつり2018」が24日から、小田…
  3.  雪化粧をした霊峰・富士山と箱根連山を背景に3万5千本の白梅が咲く小田原・曽我梅林に時代絵巻を繰り広…
  4.  小田原市(加藤憲一市長)は2月9日、一般会計と10特別会計(競輪、天守閣、国民健康保険、国民健康保…
  5.  江戸時代の農政家・二宮尊徳(金次郎)の事績を顕彰し、偉業を学べる小田原市栢山の尊徳記念館ではこのほ…
  6.  早咲きから中咲き、そして遅咲きまで約200品種480本の梅が咲き誇る小田原フラワーガーデン(小田原…
ページ上部へ戻る