【小田原市】“世界遺産”背景に“流鏑馬”の妙技/ 小田原 曽我梅まつり

 雪化粧をした霊峰・富士山と箱根連山を背景に3万5千本の白梅が咲く小田原・曽我梅林に時代絵巻を繰り広げる流鏑馬(やぶさめ)が11日、原会場に設けられた約240メートルの特設馬場で行われた。主催は、(一社)小田原市観光協会(石田武会長)。

 日本三大仇討ちのひとつに数えられる曾我兄弟ゆかりの地として知られる曽我の里には、勇壮な流鏑馬を一目見ようと多くの人が詰めかけた。曽我梅林のシンボル・雪化粧した富士山は時折、顔を見せ”世界遺産“を背景に”時代絵巻“を繰り広げた。

 奉行の打つ《寄せ太鼓》を合図に、射手、諸役一同が神前に揃い、鏑矢(かぶやら)奉献、願文奏上などの神事、天長地久の式を執り行った後、武田流の装束に身を包んだ射手が馬を全力で走らせながら、腰の鏑矢を抜いて弓につがえ、一の的から二の的、三の的へと次々に矢を射り、梅の香ただよう早春の馬場を駆け抜けた。会場に“カーン”と云う檜木を網代に編んだ的を射る音が響くと、観客から“ウォーッ”と大きな歓声が上がった。

 また、土器(かわらけ)を2枚合わせて、中に五色に切紙を入れた小的を射る競射では、見事命中すると、土器が割れて色とりどりの切紙が宙に舞った。

 (一社)小田原市観光協会のHPは、http://www.odawara-kankou.com

(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

小田原|参加・体験・見に行こう

  1.  小田原市観光協会(石田武会長)は、(一社)日本記念日協会が2月22日を《ニンニンニン》の語呂合わせ…
  2.  小田原の早春の歳時記「小田原梅まつり」(2月3日~3月4日)を前に、梅の剪定作業が6日、早咲きの寒…
  3.  小田原市(加藤憲一市長)は、同市早川に平成31年5月オープン予定の小田原漁港交流促進施設がイメージ…
  4.  小田原市や秦野市、日光市など「二宮尊徳」にゆかりの深いまちを舞台に撮影される「地上の星-二宮金次郎…
  5.  小田原市城山の居神神社(村上國起宮司)は12月24日、小田原北条氏2代氏綱公が3代氏康公へ伝えた『…
  6.  東海道・藤沢宿や江の島の浮世絵をはじめ関連資料を収蔵する藤沢市の藤澤浮世絵館による出張講座「刷って…
  7.  冬から早春の小田原城を舞台に繰り広げられる光と音のファンタジーショー「小田原城 冬桜イルミネーショ…

注目の記事

  1.  3月定例会開会中の小田原市議会(加藤仁司議長)の代表質問は、2月28日3会派(志民の会、公明党、政…
  2.  城下町・小田原に発達した和菓子の伝統と風情を楽しむ「第63回菓子まつり2018」が24日から、小田…
  3.  雪化粧をした霊峰・富士山と箱根連山を背景に3万5千本の白梅が咲く小田原・曽我梅林に時代絵巻を繰り広…
  4.  小田原市(加藤憲一市長)は2月9日、一般会計と10特別会計(競輪、天守閣、国民健康保険、国民健康保…
  5.  江戸時代の農政家・二宮尊徳(金次郎)の事績を顕彰し、偉業を学べる小田原市栢山の尊徳記念館ではこのほ…
  6.  早咲きから中咲き、そして遅咲きまで約200品種480本の梅が咲き誇る小田原フラワーガーデン(小田原…
ページ上部へ戻る