【伊東市】ごみフェスティバルin伊東 盛況、減量やリサイクルへの関心高める

 伊東市の「2017ごみフェスティバルin伊東」が11月5日、伊東市役所1階ロビーと庁舎前で開催された。フェスティバルではリサイクル資材の一般廃棄物(空き缶、牛乳パック、古紙などの一定量)がトイレットペーパーと交換可能であったこともあって、老若男女を問わない多くの市民が当該資材を持ち込んだりクイズやゲームを楽しんだり、リサイクル品のバザーセールで買い物したりと盛況を見せた。

 伊東市の一般廃棄物は、各地のごみステーションでの定期回収のほか、市内の環境美化センター(同市鎌田)、御石ヶ沢清掃工場(同市宇佐美)に持ち込むことができるが、「美化センターへの持ち込み件数は増加している」という。数年前からの断捨離ブーム等、リサイクルや片付けの意識への高まりがみられる中、こうしたイベントで多くの世代にリサイクルや環境への関心が行き渡っていることがわかる。
(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  中井・なかい・なかいい・仲いい……にかけて、11月22日の《いい夫婦の日》を前にした19日午後1時…
  2.  県立熱海高校の通学路を兼ねて新たな観光名所にしようと熱海市が15年かけて整備し、今年3月に完成した…
  3.  熱海市の齊藤栄市長(54)は11月24日午前に開かれた11月市議会定例会の上程議案説明の最後で、2…
  4.  熱海梅園で11月11日、「もみじまつり」(熱海市観光協会主催)が開幕した。今年は市制80年を迎えた…
  5.  任期満了に伴う松田町町長選挙は5日告示され、2期目を目指す現職の本山博幸氏(47、無所属、松田惣領…
  6.  日本最大級のシャンソンの祭典・パリ祭の小田原版・「小田原パリ祭」を7月20日に開催した「小田原パリ…

ページビュー

  • 152747総閲覧数:
  • 2今日の閲覧数:
  • 43昨日の閲覧数:
  • 1786月別閲覧数:
ページ上部へ戻る