【箱根町】「自動心肺蘇生器」積載の高規格救急車1台を更新/消防署湯本分署に配備

 箱根町消防本部(齋藤利久消防長)は、消防署湯本分署に配備している高規格救急自動車を更新し、11月30日から運用を開始した。
 新車両には、心肺機能が停止した人に胸骨圧迫と人工呼吸が自動的にでき、救急の現場にも持ち込める自動心肺蘇生器、カーブの多い土地柄に配慮し、揺れを吸収できる防振ストレッチャーなど応急や救急救命処置のための最新資器材を装備。箱根の玄関口・箱根湯本地域の安全・安心を守るため現場の最前線で質の高い救急サービスが可能となった。

消防署湯本分署に配備された高規格救急自動車

防振ストレッチャーなど最新資機材が装備された車内

運用を翌日に控えた29日には、山口昇士町長や勝俣浩行副町長らが見守る中、車両や最新資機材の検収が行われた。
新車両は全長565cm、全幅189cm、高さ249cm、総重量3245kg、定員7人、総排気量2693cc(ガソリン)。費用は約3300万円。
(伊豆さがみ情報ネット)

関連記事

注目の記事

  1.  湯河原町(冨田幸宏町長)と真鶴町(宇賀一章町長)は平成30年1月4日から、妊婦の出産時の移動不安を…
  2.  江戸時代の農政家・二宮尊徳(金次郎)の事績を顕彰し、偉業を学べる小田原市栢山の尊徳記念館ではこのほ…
  3.  小泉進次郎旋風から一夜明けた10月16日、希望の党の前職・渡辺周氏が公示日に続いて2回目の熱海入り…
  4.  南足柄市の加藤修平市長は「市議会第1回定例会」4日目の2月19日、施政方針演説を行った。  加藤…
  5.  小田原市(加藤憲一市長)は「第64回文化財防火デー」の26日午前9時30分から、同市板橋の松永記念…
  6.  “青く澄んだ空をこどもたちにバトンタッチしよう”を合言葉に、小田原市を全国屈指の“スマートシティ”…

ページビュー

  • 152748総閲覧数:
  • 3今日の閲覧数:
  • 43昨日の閲覧数:
  • 1787月別閲覧数:
ページ上部へ戻る